2019年11月13日

死に方も自分で決めたんやね

20191113144225445.jpg

昨日の続きです
今から思うとピュアは亡くなった日パパの帰りを待っていたのだと思います
余命宣告を うけた日に
パパに この一週間 出来るだけ休んで欲しいと お願いしましたが 23日は午前中は どうしても休めなくて 昼から帰れました
14時頃に帰って来たパパはピュアの側に ずっと居てピュアと見つめ合っていました
するとパパが明石公園に行こうと言いました
私はピュアが しんどそうだったので 毎日 1日2回の通院は18時頃でしたが病院に早めに行こうと言ってました
パパがピュアを抱っこしベランダに連れて行き ピュアちゃんに空を見せてあげたい 明石公園に行こうと 言いました
抱っこされたピュアはパパを見つめて小さな声で泣きました
きっと ありがとうパパって言っていたのだと思います
そしてベットに寝かすとピュアは眠ったのです
夜中にピュアが脱水してる気がして 先生の支持なしで点滴をしたのです
毎日 脳神経障害の発作を起こさない為に1日2回の点滴に体の負担を考えてキツイ鎮静剤を30分かけて していました 
私達が点滴をしてしまったので1日の量を超えて心臓に負担が かかるので 亡くなった日の朝はキツイ鎮静剤が出来なかったのです
鎮静剤は睡眠薬みたいな感じてす だからピュアは亡くなった日は意識もシッカリしていました でも脳神経障害の発作も起こしませんでした
ピュアは亡くなる日の自分の死に方をも自分で選んだのだと思います
私達に点滴をさせて先生に鎮静剤を入れさせない様にしたのでしょう
リンゴジュースをガブガブ飲み 水も飲み 意識もシッカリして 私やパパにも お別れをして 眠るように安らかに逝ってしまいました
リンゴジュースも普段は飲まなかったし 私も買わないのに 
なぜかリンゴジュース買っていました

20191113143907241.jpg


そして宝塚に帰る予定にしていた陸ママを駅に送る前に明石公園に行きました
陸ママの大好きなミッキーマウスの前で 写真撮ろうと決めていたので まずは 行きました

20191113150340320.jpg

写真を撮ろうと抱き上げました

20191113150403762.jpg

すると首がガクンとなりました
ピュアは息を引き取ったのです
ピュア ピュア 息してない
死んだらあかん 何度も叫びました
そして先生に電話をし病院へ向かう車内で 病院に着くまで 人工呼吸をしました
病院へ着くと先生が30分間 人工呼吸してくれました
往生際の悪い私は
先生 嫌です 助けて下さい
何度も助けてくれたじゃないですか と泣き叫び続けました
まだ体は温かかった
でもピュアはキレイな安らかな死に顔で 戻ってきてはくれませんでした


20191113150623488.jpg

今日は ここまでにします
涙か止まりません
苦しいです


posted by ピュアママ at 15:12| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: