2017年09月27日

生野銀山 ペッと泊まれる宿 播磨ふれあいの家に行って来たよ

25日の朝起きて「竹田城跡行きたい」byピュアママ
雲海に包まれた天空の竹田城跡をピュアとパパと立雲峡から見たい。
竹田城跡周辺は秋から冬にかけての、よく晴れた早朝に
朝霧が発生し、色んな条件が整って
運が良ければ見える日もあるそうなんです。
「立雲峡は山道を40分程歩くらしいので、ピュアちゃん
連れては無理じゃないかな〜」byパパ
「無理かどうかは、やってみないと分からないやん」byママ
「じゃ行こう」byパパ
明石公園にお弁当持って行っての予定を変更して
まずはパパが、ずっと行きたかった
生野銀山へ
http://www.ikuno-ginzan.co.jp/

DSC_0012.JPG



その前に腹が減っては戦は出来ん
パパがピュアのステーキを切る

DSC_0005.JPG


ピュアは食らう

DSC_0009.JPG


先日あんりちゃんのママさんがブログを見て
ありがとうって来て下さいました。

DSC_0003.JPG


ピュアの大好きな梨を、いただきました。
ありがとうございます。
いただきま〜す

DSC_0004.JPG


出発〜

DSC_0011.JPG


明石を出たのは12時だったので、お弁当は
明石のサービスエリアで「食べまなきゃ力がでないもん」byパパ
その時発見〜

DSC_0015.JPG


きつねうどん大のパパとママはお漬物と、おかかが
のった、うどんにしました。

DSC_0013.JPG


うどん大好きパパ
これでパワー前回レッツゴー

DSC_0014.JPG


生野銀山に到着

DSC_0021.JPG


まずはウンチ&オシッコを絞り出して

DSC_0019.JPG


行こう〜

DSC_0022.JPG


わ〜広いな〜お散歩したい〜byピュア

DSC_0023.JPG


生野銀山は大同2年(807年)に銀が出たと伝えられて
その後、織田信長・豊臣秀吉の直轄時代を経て
慶長5年(1600年)徳川家康は但馬金銀山奉行を配置
佐渡金山、石見(いわみ)銀山と並び
天領として徳川幕府の財政を支えてきたんだって。
享保元年(1716年)には「生野代官所」が置かれ、やがて生野銀山は
第八代将軍・吉宗の頃に最盛期を迎え、月産150貫(約562kg)
の銀を産出したんだって。

DSC_0027.JPG


中は地面が濡れているので、ちゃんと足洗い場ありましたよ。

DSC_0031.JPG


まだ中に入らずピュアはお散歩中

DSC_0030.JPG


パパは宇宙や地球や火山や化石やら大好きなんです。
「だって凄いやんか〜不思議やんか〜」byパパ


DSC_0032.JPG


「え〜ママはパパが一番不思議ちゃんやで〜
宇宙みたいに大きなパパやで」byママ

DSC_0033.JPG


晴れていて暑い〜

DSC_0035.JPG


生野銀山は涼しいんやって〜

DSC_0039.JPG


早く行こう〜

DSC_0036.JPG


わ〜涼しい〜
真夏でも13℃やって


DSC_0045.JPG


楽しみ〜

DSC_0044.JPG



昔の人は凄いな〜
命がけだもんね〜byパパ

DSC_0046.JPG





お化け屋敷みたい〜

DSC_0053.JPG


わ〜凄いな〜

DSC_0051.JPG


パパ感動

DSC_0059.JPG



江戸時代の採掘は手彫りで
のみで掘ったんだって。
凄いな〜

DSC_0047.JPG


超スーパー地下アイドル
「銀山ボーイズ」60人に会えますよ。


DSC_0049.JPG



狸掘り【たぬきぼり】
地表の露頭から鉱石を追って無計画に掘り進む採鉱法で
技術の未発達な時代に小規模稼行(かこう)
の場合に行われたんだって。
採掘跡が狸穴のようになるためこの名があるんだって。

DSC_0050.JPG


DSC_0069.JPG



DSC_0048.JPG


近代採掘ゾーンです

DSC_0058.JPG


DSC_0054.JPG


DSC_0055.JPG


DSC_0067.JPG


DSC_0078.JPG


DSC_0079.JPG



わ〜深いな〜

DSC_0073.JPG


ダイナマイトで爆破してたんだって。

DSC_0076.JPG


人車

DSC_0082.JPG


巻揚ゾーン

DSC_0081.JPG



明治22年(1889年)には生野鉱山と佐渡鉱山が
皇室財産に移され、宮内省御料局の所管となったんだって。
明治29年(1896年)には三菱合資会社に払い下げられ、
以後、三菱の経営で国内有数の大鉱山として稼働してきたが、
昭和48年(1973年)に閉山したんだって。
その間に掘り進んだ坑道の総延長は350km以上、深さは880mの
深部にまで達しており、採掘した鉱石の種類は70種にも及んでいるそうですよ。

DSC_0068.JPG


1200年の歴史を感じ、「ピュアちゃんとママと来れてよかったな〜」

DSC_0080.JPG


涼しくて快適でした。

DSC_0085.JPG



ピュアも涼しいしキョロキョロして
居心地が良さそうでした。
中で、アンリママに、いただいたクッキーを
いただきました。

DSC_0083.JPG


外へ出て

DSC_0087.JPG


DSC_0088.JPG


中はワンコも歩けるんだけど
ピュアは足が濡れるからパパ抱っことなりました。
なので外へ出て、お散歩したい〜となりました。

DSC_0091.JPG


ウンチ&オシッコを絞りました。

DSC_0093.JPG


さ〜今日は竹田城の近くのお宿
播磨ふれあいの家に泊まり
早朝立雲峡へ行くよ〜
車内で眠り姫となり充電中でございます。

DSC_0099.JPG


当日に予約をお願いしたので
夕食は3日前にお願いしないと出来ないとの事で
近隣には、お餅帰りのお寿司やさんや、お店屋さんはありませんでした。
コンビにはありました。
なので近くの唯一あるスーパーを教えていただいて
買出しに行きました。

DSC_0097.JPG


地酒も買わなきゃ

DSC_0096.JPG


播磨ふれあいの家は
あさご芸術の森のエリアにあります。
美術館には朝来市出身の文化勲章受章者淀井敏夫氏の
生涯作品が展示されているそうでう。
お宿に着く間色んなモニュメントが迎えてくれて
とっても楽しかったです。

DSC_0101.JPG


DSC_0102.JPG


DSC_0107.JPG


DSC_0106.JPG


山・川・森
また今度は、のっと早くに来て、ゆっくりして
いっぱいピュアと、お散歩したいな〜

DSC_0103.JPG


お宿に着いたのは5時頃でした。
播磨ふれあいの家http://harimafureai.com/

DSC_0110.JPG



あります

DSC_0117.JPG


前には川が流れています。

DSC_0109.JPG


到着

DSC_0116.JPG


DSC_0118.JPG


お庭も広くて、キンモクセイの良い香りが

DSC_0121.JPG


ロビーも館内もお部屋も改装されていてキレイで
お掃除も、いき届いていて清潔でした。
従業員の方も皆さん感じがよくて
ホッコリしました。

DSC_0128.JPG


レストランではランチはテラスでワンコとお食事オッケー
レストランはワンコは同伴出来ませんが
夏のバーベーキューはテラスで同伴オッケーだそうですよ。

DSC_0131.JPG


ママの名前

DSC_0130.JPG


パパとピュアと、これからも歩いて行きたいな。

DSC_0129.JPG


お部屋に入って感動
布団を引いて下さっていました。
部屋キレイで嬉しい。

DSC_0135.JPG


お手洗いもキレイ

DSC_0139.JPG


お心遣いを感じました。

DSC_0140.JPG


DSC_0136.JPG


お部屋からの景色
鈴虫と川のせせらぎを聞きながら
癒されました。

DSC_0133.JPG


ピュアお風呂に行ってくるから
待っててね〜

DSC_0144.JPG


温泉ではないけど、お風呂大好きだから
楽しみ〜

DSC_0145.JPG


浴槽は小さめだけど、湯の温度はバッチリで
清潔でした。
キンモクセイの香りがして、これまた癒されました。
温泉ではないけど、夜3回入り、朝は立雲峡から帰って
来てからも入りました。
夜は12時まで入れて、朝は10時まで入れるので
とっても有り難かったです。

DSC_0146.JPG


先程スーパーで厳選して買ったお惣菜を
テーブルいっぱいに並べて

DSC_0149.JPG


香住の鯵

DSC_0151.JPG


地酒旨い

DSC_0150.JPG


明日早朝4時半に起きれるかな〜
おやすみ〜
続きは明日

犬ブログ村のランキングに参加中です。                  
ここを一日一回、押してくれたら、順位が上がります。
ポチッと応援、よろしくおねがいします(*^_^*)

にほんブログ村





posted by ピュアママ at 17:32| 兵庫 ☔| Comment(2) | ピュア竹田城跡に行く 生野銀山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする