2017年11月06日

愛犬ピュアと行く 山口旅行 秋芳洞 秋芳台 山口屋別館

ただいま〜
ピュアファミリーは5日の24時半に明石に帰って来ましたよ〜
山口・九州の旅楽しかった〜
旅に出る前日に水没させてしまい、スマホに変わったピュアママ
旅の模様を出先からブログ更新する気満々でしたが
電話の掛け方も出かたも、分からず
5日ぶりのブログ更新となりました。
1日はピュア様は点滴をして、人はユンケル飲んで
4時半に出発〜


DSC_0002.JPG


ピュアは車内で再び「おやすみ〜」

DSC_0003.JPG


そしてサービスエリアで

DSC_0017.JPG


ここは何処〜

DSC_0007.JPG


お腹減った〜
食べ食べツアー開始
味噌ちゃんぽん・餃子ライス

DSC_0010.JPG


豚カツ定食ミニラーメンつき

DSC_0008.JPG


お散歩して

DSC_0018.JPG


そしてパパが行きたかった秋芳洞へ到着

DSC_0027.JPG


本当にマリア様みたい

DSC_0031.JPG


黄金柱

DSC_0038.JPG



DSC_0036.JPG


富士山発見

DSC_0056.JPG


パパ感動〜

DSC_0057.JPG


秋芳洞でも歩くで〜

DSC_0050.JPG


百枚皿

DSC_0058.JPG



この棚は水たまりが時間をかけて石灰化し、縁状になったもので
たしかどこかに、これが1センチ伸びるのに
70年やら80年がかかるらしいです。

DSC_0059.JPG


広い鍾乳洞でビックリしました。

DSC_0048.JPG


川が

DSC_0065.JPG


DSC_0079.JPG


鍾乳洞を抜けて

DSC_0077.JPG


気がつきました。
ピュアファミリーどうやら出口から入っていたみたい。
洞窟からは大量の湧き水が流れ出ていて
エメラルドグリーンの川だ〜

DSC_0070.JPG


暗い鍾乳洞から出て、この景色は感動でしたので
出口から入って、正解でした。

DSC_0067.JPG



キレイな川

DSC_0078.JPG


歩くで〜

DSC_0073.JPG



そして駐車場へ戻るのに
もう一度秋芳洞に入りました。
往復しましたので、いい運動量となりました。

DSC_0081.JPG


DSC_0082.JPG


そしてママが行きたかった秋芳台へ

DSC_0088.JPG


秋吉台(あきよしだい)は、美祢市の中・東部に
広がる日本最大のカルスト台地です。
1955年に国定公園(秋吉台国定公園)に
1964年に特別天然記念物に指定されています。

DSC_0089.JPG


秋吉台でも歩くで〜

DSC_0113.JPG


気持ちいいわ〜

DSC_0091.JPG


展望台へ上がって

DSC_0121.JPG


ピュアと山口に来られて嬉しいよ。

DSC_0124.JPG


DSC_0120.JPG


そしてお宿へ到着
俵山温泉 山口屋 別館
ホームページです。
http://www.yamaguchiya.in/

DSC_0148.JPG


俵山温泉は湯治場で、ピュアママが入りたかった温泉でした。
そして山口屋 別館さんの離れ2室はワンコと宿泊出来ます。
二間あるお部屋でコタツがありました。
和室とコタツ大好きピュアファミリーには嬉しくて
落ち着く御宿でした。

DSC_0128.jpg


ピュアが住んでいた滋賀県高島市のお家みたいで
ピュアも落ち着いて過ごせました。

DSC_0131.JPG


DSC_0130.JPG


浴衣に着替えて

DSC_0139.JPG


内湯を持たず温泉は外湯に通う、という古くからの湯治場の
スタイルが今日まで続いている数少ない温泉地であり
規模の大きな温泉地に限れば、ここ俵山に限られていると
言ってもよいそうですが
ここ山口屋 別館さんだけは、唯一旅館に内湯を持っておられるのですよ。

DSC_0142.JPG



アルカリ性単純泉。pH9.8とアルカリ度はかなり高いので
ヌルヌルと美容液のようなお湯で、お肌ツルツルしっとり
保温効果が高くて、温まり汗が吹き出ます。
湯は汲み上げではなく、自噴するものを利用している源泉掛け流しです。
優しくて良いお湯で、8回入りました。
家族風呂で貸切なのでパパと、ゆっくり入れて最高でした。

DSC_0144.JPG


1100年の歴史を持つ俵山温泉。
開湯伝説によると
白猿に化けた薬師如来が発見したといわれています。

DSC_0141.JPG


お猿さんの最中です。
白猿が発見したという温泉の由来にちなんで
「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿をかたどった
焼饅頭「三猿まんじゅう」が土産菓子として名物となっている。
この饅頭を楽しみにして来たピュアママは
旅館で最中を食べて、後ほど買いに行く事に。


DSC_0129.JPG


木屋川上流部のひっそりとした山間部に旅館街が見られます。
旅館の軒数は約40軒と多いが、大型ホテルが立ち並ぶ
長門湯本温泉とは異なり
宿のほとんどが個人向けの小さな日本家屋の旅館です。
風情があっていいな〜

DSC_0162.JPG


DSC_0157.JPG



まずはお饅頭を買いに

DSC_0151.JPG


これで焼くんやね〜
「お饅頭ください〜」byピュアママ
「売り切れました」byお店のオバアチャン
「え〜」byピュアママ
「明日は朝7時から焼くので
8時に来たら焼きたてあるよ〜」byオバアチャン
楽しみは後に残して

DSC_0150.JPG


外湯は二ヶ所あり
町の湯420円です。
ホームページです。
http://tawarayamaonsen.com/onsen.html


DSC_0155.JPG


白雲の湯
730円で露天風呂があるそうです。

DSC_0159.JPG


ペットの湯ありますよ。
予約をすれば入れるそうですよ。

DSC_0160.JPG


宿へ戻り、再び温泉へ

DSC_0141.JPG


そしてお楽しみの夕食です。
ピュアは今回は長旅になるので、いつもの手作り食は
持ち歩くと、いたんでしまうので、グリーンドックさんで
レトルトフードを購入して持って行きました。

DSC_0166.JPG


お料理は離れのお部屋まで運んでくださいます。
熱いものは、熱いうちに、冷たいものは、冷たいうちに
運んで下さって、ピュアと一緒に、ゆっくりと食事が出来ました。

DSC_0171.JPG


鯨を、いただけました。

DSC_0173.JPG


パパは初クジラで「美味しい〜」

DSC_0177.JPG


茶碗蒸し

DSC_0179.JPG


焼き物のお魚も焼き立てで美味しかった
茄子の田楽パパの大好物です。

DSC_0178.JPG


小鍋は河豚チリでした。

DSC_0182.JPG


俵山のお米も、いっぱい食べて

DSC_0185.JPG


大満足でした。

DSC_0186.JPG


お魚が新鮮で美味しかった。

DSC_0175.JPG


ピュアは大好きなお布団の上で
静かで朝まで、ぐっすり眠れました。


DSC_0188.JPG


朝は6時から温泉に入って、ピュアママお楽しみの朝食です。

DSC_0190.JPG


みりん干しも焼きたてで
らっきょも自家製で

DSC_0192.JPG


煮物も美味しかった。

DSC_0193.JPG


仙崎蒲鉾

DSC_0196.JPG


胡麻豆腐もホウレン草胡麻和えも自家製で絶品

DSC_0195.JPG


お祖母ちゃんのお家に帰って来たような気持ちに
なった、温かい御宿でした。
女将さんの心遣いが随所に感じられるお宿でした。

DSC_0197.JPG



お味噌汁も具沢山で優しいお味でした。

DSC_0194.JPG


そして温泉に入って、ピュアの点滴を温泉のお湯で温め
端的をして、レッツゴー

DSC_0199.JPG


お見送りに来てくれたのは従業員さんの黒猫ちゃん
ワンコも人も大好きな可愛いネコちゃんでした。
女将さんと従業員さんに、見えなくなるまで
手を振って見送っていただきました。

DSC_0202.JPG


向かったのは
昨日買えなかったお饅頭やさん。

DSC_0207.JPG


白あん・こしあんが混ざっていて
どちらになるかは、食べてのお楽しみ〜

DSC_0204.JPG


温泉に、たっぷりと浸かり
お部屋で、ゆっくりして、美味しい料理をいただいてと
一週間程居たい御宿でした。
また、かならず行こうと思う御宿でした。

DSC_0140.JPG


二日目は九州へ向かいました。
それは、また明日・・・


犬ブログ村のランキングに参加中です。                  
ここを一日一回、押してくれたら、順位が上がります。
ポチッと応援、よろしくおねがいします(*^_^*)

にほんブログ村