2018年02月04日

愛犬ピュアと行く 広島 宮島 厳島神社 はっさく大福巡りの旅

1月30日広島城からスタートした旅の続きです。
原爆ドームに行きました。

DSC_0043.JPG


原爆は原爆ドーム(当時の広島県産業奨励館)から
南東約160メートル、高度約600メートルの位置で炸裂
このときの爆風は1平方メートルあたり35トンの圧力を持ち
風速は秒速440メートルという凄まじいものでした。
同館は激しい爆風と熱線を浴びて、火を噴きだして燃え上がったといいます。
爆風がほとんど上から真っ直ぐ下に働いたため
奇跡的に厚い側面の壁や鉄骨のドーム部分などは倒壊を免れました。
しかし、建物内にいた人は全員即死、建物内部は熱線による火災で
全焼という惨事を招きました。
鉄骨部がむき出しとなったドームは、いつからか
「原爆ドーム」と呼ばれるようになったといいます。

DSC_0037.JPG



1996年世界遺産への登録が実現したんだそうです。
原爆や戦争の悲惨さ、平和の尊さを感じました。

DSC_0039.JPG


DSC_0040.JPG



平和の灯に
中央の石室には29万人を超える犠牲者の名簿がある そうです。

DSC_0048.JPG



台座は大空に向けて手のひらを広げた形を表わしています。

DSC_0045.JPG


核兵器廃絶を願って1964年8月1日に点火された灯は
世界から核兵器がなくなるまで燃やし続けられています。

DSC_0057.JPG


そして今回の旅の目的の一つの
広島はっさく大福食べ比べのスタート
まずは、やっぱりここでしょ。
元祖 かしはら 
http://0845.boo.jp/kashihara/index.html

DSC_0058.JPG



そこからお弟子さんが二人独立されており
そのうちの一つがピュアママが食べて感動した因果島の「はっさく屋」
もう一つが尾道の「昇福亭」さんなのです。
はっさく大福とレモン大福買って

DSC_0061.JPG


すぐさま車内で
お餅がモチモチで餡子が甘すぎず美味しかったです。
さすが元祖 師匠のお味です。


DSC_0063.JPG


そして今回の旅を広島にしたのはピュアとパパと
ここへ行きたかったからなのです。

DSC_0065.JPG


船に乗るよ〜

DSC_0067.JPG


何処いくねんbyピュア

DSC_0068.JPG


牡蠣だよね〜

DSC_0071.JPG



パパは子供の頃に行った事があるそうなんですが
記憶に全然無いんだって〜
記憶喪失になるのはパパの特技やからね〜

DSC_0080.jpg


見えた〜大鳥居が〜
実は、厳島神社の大鳥居も、ちゃんとした理由があって海上に建てられたのです。
古来、宮島全体が、神が宿る御神体であると云われており
神が宿り神聖な島の上には建物が建てられないということで
海の上にこの大鳥居が建てられたと云われています。


DSC_0075.JPG



到着〜

DSC_0089.JPG


DSC_0096.JPG




厳島神社の大鳥居は、鳥居自体の重みだけで立っているというのです!

DSC_0100.JPG



大鳥居の1番上の部材は単純な木造ではなく
部材の中に重りが入っています。
島木の箱に「人間の頭くらいの玉石」を
「約7トン」も入れて重しにしているそうです。
足は倒れないよう6本足(柱)になっていて
各柱の足元の海底の地盤は「松材の杭(くい)」を打って強化されています。
また、柱と屋根が交差する部分には、特殊な造りのクサビが施されています。
そのおかげで、柱や屋根の動き、ひずみなどを
自然に吸収・修正出来るようになっています。
そして、なんと!
このような造り方を800年も前に実践していたというのですから、驚きですね。

DSC_0108.JPG


厳島神社です。
http://www.miyajima-wch.jp/jp/itsukushima/

DSC_0121.JPG


ペットと同伴出来ますよ。
抱っこかゲージに入れて、下には降ろさなければね〜
有り難いな〜

DSC_0124.JPG


まずは手を清めて

DSC_0128.JPG



今日の満潮時間は9時
干潮時間は15時でした。
広島城と原爆ドームと平和の灯火と、かしはらさんに
寄ってから来たので、到着時間は10時となりました。


DSC_0130.JPG


手を合わせて

DSC_0133.JPG


厳島神社は、593年(推古天皇元年)、佐伯鞍職(さえきのくらもと)が
「市杵嶋姫命(いちきしまひめ)」の神託を受け創建しました。
「佐伯鞍職」とは、安芸の豪族であり、後に厳島神社の初代神主となる人物です。

DSC_0145.JPG


1168年(仁安3年)には、1146年(平安2年)に
安芸守に任ぜられた平清盛により改築が行われています。
この時改築されたものが現在の姿の原型とも云われています。

DSC_0138.JPG


飲みたいな〜byパパ

DSC_0147.JPG


反橋

DSC_0151.JPG


DSC_0155.JPG


歩くの大変だろうな〜

DSC_0153.JPG


本日は大潮の日でした。
大潮の満潮時間には床の上まで水が上がってくる日も
あるそうですよ。

DSC_0140.JPG


数字の「8」に基づいて社殿や回廊が造営されている!?
床が連なる回廊は約108間の長さがあり、回廊の屋根を支える柱の数もなんと!
「108本」あると言われています。
また大正時代に奉納された燈籠(とうろう)の数も108基あり
やはり数字の「8」に因んでいます。

DSC_0142.JPG


DSC_0160.JPG


DSC_0159.JPG


五重塔

DSC_0166.JPG


顔出して

DSC_0157.JPG


気になったのは鹿さんが痩せていて毛艶が悪く
元気がない事でした。

DSC_0103.JPG


干潮時間の15時まで居たら大鳥居まで歩いて行き
鳥居にタッチ出来るのだけど、15時までは待てないので
商店街へ行きました。
「お腹減ったな〜」byパパ&ママ

DSC_0181.JPG


まずは

DSC_0186.JPG


これでしょ
広島の牡蠣は大粒やね〜


DSC_0184.JPG


牡蠣が大好きなパパは「美味しい〜」

DSC_0185.JPG


パパお目当ての穴子まん

DSC_0188.JPG


コナンやんな〜

DSC_0213.JPG


DSC_0194.JPG


そして


DSC_0195.JPG


揚げもみじ饅頭

DSC_0200.JPG


こちらは有名な老舗さんですが

DSC_0215.JPG


ペットと入店禁止でテイクアウトもダメでした。
他のお店でもテイクアウトは生牡蠣はダメとの事で
お宿も生はダメなので、今回は生牡蠣は、いただきませんでした。

DSC_0214.jpg


牡蠣やさんで

DSC_0205.JPG


牡蠣専門店です

DSC_0202.JPG


美味しそう

DSC_0201.JPG


こちらのお店はテイクアウト出来るのが、この焼き牡蠣と
激うまでした。


DSC_0210.JPG


牡蠣飯

DSC_0207.JPG


牡蠣専門店やし、やっぱ美味しかった〜
絶品でした。


DSC_0208.JPG


ここでマリサママにいただいた宝塚牧場の

DSC_0209.JPG


広島で食べても美味しかった〜

DSC_0212.JPG


被って

DSC_0224.JPG


牡蠣フライも

DSC_0238.JPG


こちらでも

DSC_0240.JPG


良い香りが〜

DSC_0241.JPG


まだ食べます。

DSC_0242.JPG


そして歩くで〜

DSC_0225.JPG


宮島でも歩くで〜

DSC_0226.JPG


お土産は

DSC_0217.JPG


鹿さんが近寄って来て

DSC_0252.JPG


奪われてビックリ
詰まったりしたら大変です。

DSC_0231.JPG



宮島では鹿は野生なのでエサやりを禁止ししているみたい。
なんか、どの鹿さんも凄くお腹が減っているようで
ピュア号に、ついてくる鹿さんもいたし
紙袋やパンフレットを奪われそうになりました。
鹿って神の使いだから、大切に扱わないといけないのに
なんだか、悲しい気持ちになりました。

DSC_0252.JPG


わぁ〜

DSC_0167.JPG


時間は14時 干潮時間が近づいて来て
鹿さんが海の中で遊んでいます。

DSC_0171.JPG


帰りの船に乗ろうと向かっていたパパとママでしたが
引き返して

歩くよ〜

DSC_0268.JPG


わぁ〜大きいな〜

DSC_0258.JPG


タッチ

DSC_0259.jpg


パパも


DSC_0257.JPG


鳥居に触れる事が出来て感動でした。
靴やズボンは汚れちゃったけどね〜

DSC_0255.JPG


平 清盛さん

DSC_0271.JPG


人間になれてしまった鹿さんは、野生に帰るのは中々難しいだろうな〜
可愛い宮島の鹿さんはが幸せな鹿生を過ごせたらいいのにな〜

DSC_0247.JPG


さぁ〜帰るよ〜

DSC_0277.JPG


宮島楽しかったな〜

DSC_0278.JPG


姫は充電中

DSC_0283.JPG


前回の山口旅行で行けなかった
こちらへ、今回は行けました。
山口県にあるのだけど、宮島から25分で行けるんですよ。

DSC_0286.JPG


錦帯橋は日本三名橋のひとつであり、日本を代表する木造橋です。
この独特な五連の反り橋の姿は他に類を見ないこの橋だけの特徴です。
橋の長さは直線では193.3m、橋の曲線に沿った場合は、210mとなっています。
この橋は、1673年に建造されたそうです。
暴れ川と呼ばれる錦川において流されない橋を作ろうという
目的のために建造されたそうです。
ワンコと一緒に歩けますよ。


DSC_0284.JPG


岩国城はワンコとロープウェイで上がれます。
行きたかったのですが、今回は時間的に難しく諦めました。

DSC_0294.JPG


今日はパパ大失態〜しちゃいました。
ママの旅の荷物を忘れてきちゃいました〜
荷物は玄関を出た自転車の中にポツリとお留守番となりました。
なので下着を買いに走り

DSC_0298.JPG


お宿へ到着

DSC_0300.JPG


今日のお宿は 宮浜グランドホテル
https://miyahama.com/


DSC_0303.JPG


ピュアファミリーのお宿選びは
1 ピュアが大好きな和室である事
2 ピュアと一緒に御飯が食べれるお部屋食である事
3 出来れば温泉がある事
広島は中々ワンコとお部屋食出来るお宿が無かったので
ママ頑張って調べました〜
そして、こちらのお宿は一人千円プラスでお部屋食にして
いただける事がわかり、決定となりました。

DSC_0301.JPG


まずは浴衣に着替えてホッコリ

DSC_0302.JPG


すぐさま温泉

DSC_0305.JPG


キレイな脱衣所

DSC_0306.JPG


大浴場からは海が

DSC_0311.JPG


露天風呂

DSC_0312.JPG


からの景色

DSC_0313.JPG


展望風呂は絶景やで〜byパパの足
お風呂と海がつながってるみたいでしょ〜


DSC_0340.JPG


お楽しみの
ママは牡蠣が大好きなパパの為に牡蠣フルコースにするか悩みました。
でもママは冬場が胃腸が弱くて、牡蠣を沢山食べるとお腹を壊すので
今回は、この後も旅が続くので、月替わり懐石にしました。
牡蠣は二品入っているし、宮島で沢山食べたからいいいねパパ。


DSC_0320.JPG


広島の地酒

DSC_0322.JPG


美味しそう

DSC_0315.JPG


DSC_0316.JPG


DSC_0317.JPG


DSC_0318.JPG


DSC_0325.JPG


DSC_0323.JPG


DSC_0319.JPG


DSC_0324.JPG


DSC_0327.JPG


食べちゃって撮り忘れたのもあったね〜
牡蠣のお吸い物と牡蠣の酢味噌が美味しかったな〜
やっぱり牡蠣フルコースにするべきやったかな〜
今度広島に来る時は、体調バッチリ整えて、フルコースにしよう。

DSC_0328.JPG


何度も温泉入って、いつまでもお酒飲みました。

DSC_0329.JPG


ぐっすり眠ってお楽しみの

DSC_0342.JPG


朝御飯

DSC_0343.JPG


大野あさりのお雑煮美味しかった。

DSC_0344.JPG


この有精卵の卵美味しかった。

DSC_0349.JPG



パパは牡蠣醤油で


DSC_0346.JPG


四杯食べました。

DSC_0347.JPG


チチヤスヨーグルトは広島県廿日市市大野にあって
創業明治19年の老舗で
わが国初めてのヨーグルトを発売されたそうです。
知らなかったわ〜
パパはママの分も二個食べて

DSC_0351.JPG


お世話になった宮浜グランドホテルさんを後にして

DSC_0355.JPG


また買うのか〜い

DSC_0356.JPG


そして二日目に向かったのは・・・
明日にしま〜す

犬ブログ村のランキングに参加中です。                  
ここを一日一回、押してくれたら、順位が上がります。
ポチッと応援、よろしくおねがいします(*^_^*)

にほんブログ村


posted by ピュアママ at 15:22| 兵庫 ☀| Comment(0) | 愛犬ピュアと行く冬の旅 広島 宮島・厳島神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする